カテゴリー別アーカイブ: カメ全般

ヒョウモンガメの屋外飼育を終了しました。

10/25(日)、ヒョウモンガメの完全屋外飼育を終了しました。
昨年は10/15に室内に取り込んだようですので、今年は気温が低かったにもかかわらず10日ほど長い屋外生活となりました。

以前にも記しましたが、私は深夜から朝方にかけての低温は問題視しておらず、日中の気温が上がらないことを屋外飼育終了の判断基準としています。

自然下におけるヒョウモンガメの分布域は緯度的にも広範囲であるため、個体ごとに最適な温度の高低差が異なるのではないかと観察を続けています。
もちろん飼い主的には常に高温をキープする飼育法が安心できるのですが、やはり昼夜の温度に明確なメリハリを持たせることで表情が凜々しくなり、瞳の輝きも増すように思えます。

 
というわけで、人との共同生活が始まったお座敷亀たち
20151026-01今年からミツオ君(右)もケージ暮らしを卒業です。

 
外にいる時は放ったらかしですが、屋内に移した途端にイタズラや排便等の心配が発生します。
20151026-02不思議なもので、こちらの時間がない時に限って何かやらかすんですよね。。。(苦笑)
平穏に過ごしてくれることを祈るばかりです。

 

ちなみに、ホワイティは低温に弱いということを確認していますので、かなり以前からケージでの加温生活(昼:30度、夜:23度)に変更しています。
20151026-03とはいえ状態は完全に回復しており、新たな成長線も見えてきました。

 

これで、庭で暮らしているリクガメはマルギナータの五右衛門のみです。
20151026-04現在、3度目の冬眠へ向けて準備中。

 
毎年のことながらカメ部屋が一気に賑やかになりました。
来年の屋外飼育再開まで、お互いに仲良くやっていきたいものです。

 

これ以上は窮屈にしたくないと思っていたのに、亀部屋に棚を購入してしまった。。。


サイズは1800×600×900

もちろん各個体に充分なスペースを与えるのが目的なのですが、置き場所が増えるとついつい気が緩んで新たなカメを迎えてしまうのです。

むやみに頭数を増やすより、少ない個体に行き届いた環境を提供する方が色々な面でメリットがあるはずなのですが・・・

最近は、気になっている個体がSoldOutになるとホッとします(笑)

飼育場リニューアル!?

我が家の庭では、個体を分けて管理するためにブロックで仕切ったスペースを設けています。
20150607-02
ですが、脱走防止用のフタ?が何ともお粗末。。。(苦笑)

前々から気になっていたので、重い腰を上げて改善に乗り出しました。


まず、必要な寸法を測って板を注文
20150607-01



保護塗装を施しました(ぶーこが)
20150607-06


そして、固定用に買ってきたL型のステーを装着(ぶーこが)
20150607-07


庭に取り付けると・・・
20150607-03
20150607-05
見違えるほど美しくまとまりました!

まあ、素人のDIYではありますが、満足しております(笑)


ただし、
20150607-08
さっそく脱走&植木鉢をひっくり返されております。。。(汗)

カメは全般的に夏の雨が好きなようですので、これからの梅雨時は少しでも多くの個体を外に出してあげたいなあ・・・



それから、、、
20150607-04
以前から欲しかった地球儀を買いました!
棲息地の位置関係を見るのが楽しくて、毎晩眺めて喜んでます。

学生時代には地理なんて全く興味が無かったというのに、趣味って凄いですね(笑)

2015年、屋外飼育の第一陣

5月13日より、ヒョウモンガメとインドホシガメの完全屋外飼育を開始しました。

昨年まではヒョウモンとインドホシで開始するタイミングを2~3週間あけていたのですが、毎年の観察でインドホシガメも大丈夫であろうと判断し、今年は同じタイミングでの放牧開始です。

小雨の中、早朝から食事をするインドホシガメ
20150517-09



ただし、療養中のホワイティは単独で室内に。。。
20150517-11
年末あたりから回復に向かったように思われたのですが、再度痩せ始めてしまい、2月の末頃には自力で歩けないほどガリガリになりました。
正直、私も少し覚悟をしたのですが、その後に奇跡的な回復を遂げて今に至ります。
凄まじい食欲でかなり体重が戻ってきたものの、まだ完調とは言えません。
大事をとって日中の気温がもう少し上がるようになってから放牧するつもりです。



それから、インドホシのプーキーも室内待機です。
20150517-10
最近はメスとの同居で食事が疎かになっていましたので、単独飼育で体力をつけてから屋外に出そうと思います。




放牧組は・・・

大ちゃん
20150517-02



ヌー
20150517-01



ミツオ
20150517-04



ホシガメのメス1
20150517-07



ホシガメのメス2
20150517-03



ちょっと久々に登場するポンタです。
20150517-08
甲長が22センチを越えました!まだまだ大きくなりそうです。
育たなかった3年間が本当に信じられない。。。



ホシガメのオスたち
20150517-05



ついでにクロハラモエギも屋外飼育に・・・
20150517-06



毎度のことですが、庭飼育を始めると「もう家の中には戻したくない」と感じてしまいます(笑)
秋までの限られた期間ではありますが、大地と太陽の恵みを満喫してもらいたいと思います。

マルギとヒラセの冬眠明け

ずいぶんと日が経ってしまいましたが、冬眠させていたマルギナータの五右衛門とヒラセガメの3匹を3月29日に起こしました。
まあ、既に冬眠ボックス内で起きていた個体もいましたが・・・。

ただ、4月初旬にまた寒くなってしまったので、ヒラセ組は屋外ケージで潜ってしまい、4月の末頃が本格的な冬眠明けとなりました。



まずは五右衛門
20150506-06
長い土中生活から出てきました。


二度目の冬眠も無事に乗り越え、元気な姿で庭を闊歩しております。
20150506-07


成長不良を患っているものの、フチゾリ具合は立派なものです。
20150506-01
我が家では唯一の地中海リクガメ、独特の趣が魅力です。
今後も、長い付き合いができるような管理を模索していきたいと思います。




そして、手探り状態で初の冬眠を試みたオプストヒラセ達。

ミート君
20150506-02


アダルトのオス
20150506-04


アダルトのメス
20150506-03


定期的なチェックを行いつつ、6ヶ月近くに及ぶ冬眠となりました。
最初から長期間の冬眠をさせるのは危険かとも思ったのですが、経過を観察することで今後の指針を得たかったので・・・。
しかし、半年近くも飲まず食わずで過ごし、何事もなかったかのように起きてくる姿は本当に凄いと思います。。。

どの個体も冬眠期間中での体重変化は殆ど無かった上、眼の輝きも増しているようですので、良い形で体内時計のリセットができたような気がしています。

また、ひと口にオプストと言っても産地の違いがあるせいか、個体による耐寒性の違いが大きいように感じました。
その辺は今後の飼育で更に探っていき、ベストな冬眠の設定を模索したいと思います。




オ・マ・ケ

セマルのチビを迎えて半年以上が過ぎました。
20150506-05
孵化直後で10gだった体重は75gになっています。

まだサイズ的にネコやカラスが心配なので、もう少し大きくなったら屋外飼育に変更しようと思っています。