ハコガメ/ヤマガメ」カテゴリーアーカイブ

モエギハコガメの卵

3/31(日)の夜、モエギハコガメのケージで2つの卵を発見。

いつもの産み落としではなく、きちんと掘って埋めた形跡がありました。


残念ながら一つの卵にはヒビが・・・

おそらく何かの拍子に卵同士が当たってしまったのだと思われます。
ただ、こちらは見るからに無精卵なので良しとしましょう。


そして、もう一つの卵。

白濁する前ですが、有精卵の色をしています。
これは期待できるのではないでしょうか。



今回の卵、実は誰が産んだのか分かっていません。

卵を発見したケージは1200×800というサイズで、手狭ではありますが冬眠明けから屋外飼育までの短期間限定で4頭のメスを同居させていました。
卵を発見した前日に餌を与えたのですが、全員が凄い勢いで食いついており、どれも産卵を控えているようには見えませんでした。

・個体A:カンボジア→3/03に冬眠明け。同時に2つの卵を産んだ経験有り。
・個体B:クロハラ→1/28に冬眠明け。毎年、5月-6月に産卵している。
・個体C:クロハラ→3/03に冬眠明け。産卵経験なしだが、もう産んでもおかしくないサイズ。
・個体D:クロハラ→冬眠させていない。まだ若く、サイズ的にも産卵は考えにくい。

例年のサイクルや産み方を考慮すると個体Bは考えにくいのですが、個体AとCは冬眠明けから一ヶ月も経っていないのが引っかかります。
もしも孵化に至るようなことがあり、それがカンボジアであれば個体A、クロハラだったら個体C、孵らなけれは迷宮入りにということになりそうです(^_^;)

また、こんなタイミングでの産卵は全くの予想外でしたので、孵卵器の用意もできていません。
とりあえずはリクガメケージの片隅を間借りして様子を見ることにしました。
というか、モエギハコガメの適切な孵卵設定が分からないので、どちらにしても手探りなんですが。。。

そういえば、昨年のオプストヒラセガメの卵ですが、6個のうち2つは孵化直前までいきました。
もう卵の中で仔亀の形になっていたというのに、私の孵卵方法が間違っていたようで孵化に至らずでした。
今年も産んでくれたら、また別の方法で挑戦しようと思っています。



体内時計?

年が明けたばかりだと思っていたら、早くも春の気配が感じられるようになってきました。

玄関ではモエギ&ヒラセが冬眠中なのですが、まだ冷え込みの厳しい1月27日にゴソゴソと動き回っている音が聞こえるではありませんか!?
今冬はナミビアヒョウモンが大型ケージを占領している関係でもうしばらく寝ていて欲しいのですが、翌日になっても動き回っている様子は止みません(^_^;)

どうやら一匹だけ起きてしまったようで、その個体を亀部屋へ移動しました。

クロハラモエギのメスです。



しかし、暖かい昨日や今日なら分かりますが、寒い最中に起きてしまったのは何故なんでしょう?

いちおう昨年の記録を調べると、なんと1月27日に冬眠を解除していました。。。
単なる偶然だとは思いますが、もしも正確な体内時計によるものだとしたら凄いと思います!




新年のウダウダ

あけましておめでとうございます!

本当は年末に振り返りを書いておきたかったのですが、風邪でダウンしているうちに2019年が来てしまいました。
どちらにしても一年の節目なので、いま頭の中にあるものを記しておこうと思います。


1.飼育について

生まれたのが最近のことのように思える甥っ子も、今春から中学生になります。
この甥っ子、小さな頃から生き物が大好きなのに、自分では飼育しないスタイルを一貫してきました。
その理由は「生き物の死を見るのが辛いから」だそうです。
これを聞いた当時は「男の子なのに繊細だなあ」と残念な気持ちになったのですが、最近になって甥っ子の考えが理解できるようになりました。
まあ、私の場合は失敗し過ぎて懲りただけなのでしょうが、以前に比べて臆病になったのは間違いありません。

また、一昨年から飼育数を減らし始めたことで、個体の状態が良くなっているのを実感しました。
数が増えると基本的なお世話で手一杯になりがちですが、個々の状態を観察し、細かなケアができることに充実感を得られています。
正直、まだ今の数でも多いとは感じますが、あんまり減らし過ぎると新たな種を始めたくなる危険性がありますしね。。。
誘惑の多い趣味なので、自分に合った飼育スタイルを認識するのって意外に難しいんじゃないかと思います。

そんなわけで、2018年は例年に比べてお迎えが大幅に減りました。



2.背景について

毎年、なんらかの種が入手難となり、高値更新合戦が展開されています。
どう捉えるかは様々でしょうが、渦中の個体がCBであれば色々な意味での平和が保たれます。
その一方、ワイルドばかりが出回る種に対してCB化を目指すことの是非について、悶々と考えてしまうことがあります。

私自身「長期飼育および繁殖技術の確立」という建前のもと、誰に頼まれたわけでもないことに奮闘しています。
しかし、現実的には飼育技術の向上が野生個体の絶滅に歯止めをかけることにはならないでしょうし、国内では少子高齢化によって愛好家そのものが絶滅に向かうとすれば、ノウハウを残す意義すら薄いのかもしれません。

さらに、どれだけCBが流通しようが、やはりWCに惹かれてしまうのは私だけではないはずです。
インドホシガメの流通が減少し、国内外からのCB個体が今まで以上に注目を浴びる最中、それでもヨルダンからの入荷には胸が躍りました。
善し悪しはともかく、今後も需要さえあれば様々な生き物が流通され続けることでしょう。

近年はイベントの乱発などでメジャーになり過ぎたため、この世界のグレーな部分がマスキングされてしまった気がします。
時代と言われればそれまでですが、やはり本来はアンダーグラウンドな趣味であり、そこから出たことで歪みが生じているのかもしれません。



3.2019年について

なんだかネガティブなことばかりを書き連ねてしまいましたが、決してカメ熱が下がったわけではありません。

・周囲に流されず、自分のペースを維持する。
今まで通り、陰気で面倒臭くて飼育困難な種が好きなことに変わりはありません。
とにかく近道を避け、できるだけ失敗の少ない飼育を心掛けようと思います。

・ビルマホシガメが飼いたい
サイテス1に上がったタイミングで諦めていたのですが、なぜか最近になって飼いたい気持ちが強くなりました。
といっても、価格やスペースの問題で実現は難しいでしょうけど。
いちおう気持ちの記録として書きました。




4.新メンバー

前半に書いたことは何だったんだという話になりますが、2018年は12月になってからトントン拍子にお迎えをしてしまいましたので、その個体を載せておきます。

インドホシガメ

もはやピンポンサイズのホシガメを迎えることなどないだろうと思っていました。
ネットで入荷情報を見た時も他人事だったのですが、どうしてもスルーできない個体を発見してしまい・・・(^_^;)
派手な色と派手な多甲は育てるのが厄介そうですが、余裕のある今なら妥協のない環境が用意できると思い切りました。
お迎え時は24gでしたが、現在は36g。
期待以上の快食快便により、僅か一ヶ月足らずで1.5倍に増えました。
このまま何事もなく育ってくれると良いのですが、油断できないのがインドホシガメです。。。


クロハラモエギハコガメ(メス)

まだ迎えて一週間しか経ってません。
ずっと想いを寄せていた個体ですので、このお迎えは予定内と言って良いと思います。
見ての通りのシャイガールですが、一発目の給餌をなんなく完食したので大丈夫かと。
私が買うまで売れなかったことに感謝しています。



カンボジアモエギハコガメ(オス)

前述のクロハラと同時に迎えました。
かねてからカンボジアのオスを探していたので、これも予定内ということで。
この個体は警戒心をどこかに置いてきたようで、人を見ると寄ってきます。
まだまだ小さいので、大切に育てようと思います。

以上、なんの変哲も無いチョイスでした!(^_^;)




5.締めの言葉

昨今はSNSなどで簡潔にまとめる人が多い中、私のようにダラダラとしたブログを書くのは時代遅れなのかもしれません。
でも、当面は自分と向き合うスタイルを維持したいので、こんな状態を続けようと思っています。

末筆ながら、本年もよろしくお願い致します!



おやすみモード

冬が間近に迫り、庭亀たちが静かになってきました。

先週末までは動き回っていたんですけどね。今年は夏が暑過ぎたせいか、秋の方がイキイキとしていたように思います。

2018年の給餌は終了ですかね。。。

 

 

ヒラセガメの産卵

7月12日、オプストヒラセガメが産卵しました。画像は私が少し掘り返した後ですが、しっかりと草の根元に埋めていました。

 

穴は意外に深く、健康そうな卵が6個も。数日前から怪しい動きをしていたのですが、こんなに抱えていたとは・・・

 

去年は7月15日に産み落としで1個。
今年は7月12日にきちんと掘って6個。
これは大きな進歩です!個体の成長ぶりに胸が熱くなりました。

なんとなく、ちゃんと掘ってくれた方がカメの本気度が伝わってきますよね。
簡単に殖やせる種ではないのでしょうが、頑張って孵卵します。