セイロンホシガメ」カテゴリーアーカイブ

2020年を省みる

2020年が残り僅かとなりましたので、恒例の振り返りを記します。

・飼育について
毎年、「新たな種を迎えない・飼育個体を死なせない」を目標にしてきたのですが、達成できたことはありません。
節度ある飼育者さんには当然のことでも、不真面目な私には高いハードルなのです。
ところが、今年は一匹も死なせておらず、このまま行けば十数年ぶりの快挙となります。
飼育個体数が減って目が行き届くようになったこと、何かを感じたら先手を打つよう心掛けたことが要因でしょうか。
ただ、気がかりなのは庭で眠るトウブハコガメ。
初めての冬眠を無事に越せるのか心配で、頻繁に様子をチェックしています。

それから、今年の目標だった大型ケージを作成することができました。

2400×800×500が二段
見た目はアレですが、通気と採光に重点を置いたヤマガメ用のケージです。
来春以降の観察を今から楽しみにしています。



・繁殖について
昨年、あと一歩というところで失敗に終わったクロハラモエギハコガメ。
今年は有精卵さえ得られれば孵化に漕ぎ着ける自信がありました。
しかし、3つの有精卵を授かったにもかかわらず、どれも早い段階でカビさせてしまうという結末に・・・
孵卵の設定で躓いていることは分かるのですが、現在は改善案が見えていません。

きちんと産卵する個体が増えてきましたので、来年以降も自分なりに試してみようと思います。

そして、一昨年に惜しいところまで行き、昨年は産卵を確認できなかったオプストヒラセガメ。
今年は抱卵したものの産む気配がなく、そのまま拒食へと陥ってしまいました。
結局は4つの無精卵を時間差で産み落としたのですが、その後も元気にならなかった為に室内ケージ飼育へ移動。
秋口には食欲も戻っていたため、現在は冬眠させています。
なんだか後退ぎみですが、来年はどうなるやら。。。

やっと登録を済ませたセイロンホシガメも繁殖を視野に入れ始めました。
成熟していそうな個体は1ペアだけですので、焦らずに進めていこうと思います。


・新メンバー
お迎えはゼロというわけに行かなかったので、紹介しておきます。

トウブハコガメ

現在育成中の2018CBがメスで間違いなさそうなので、同じブリーダーさんにお願いして別血統のTSDオスを譲って頂きました。

ユカタンハコガメ

以前から憧れの種でしたが、色々とストレスが溜まった勢いで迎えてしまいました。

上記2匹とも順調に育っていますので、美しいフォルムを目指して頑張ります。



・最後に・・・
2020年の我が家における最も大きな変化は猫を飼い始めたことです。
ひっそりとインスタグラムを始めたので、良かったら見て下さい。
https://www.instagram.com/cat_and_tortoises/
ほとんど猫ですが、たまに亀も登場します。


それでは、ブログを見て下さった皆様、今年もありがとうございました!




15ヶ月

まもなく生後15ヶ月となるセイロンホシガメ

甲長115mm,体重321g
前回はソフトシェルになってしまったことを書きましたが、飼育環境の改善によって回復しつつあります。


ただ、栄養価を高くしたことで甲羅のボコボコが凄いことに・・・

経験上、ソフトシェルの個体は滑らかな甲羅に育つケースが多いのですが、それどころか今までに無いくらい派手なボコつきっぷりです。

2週間ほど前に運動量重視の大きなケージへ移動し、餌も当初の粗食に戻しました。
今後どの程度の軌道修正ができるのか、私自身も興味深く見守っていきます。


余談ですが、、、
以前、かなりボコついたメスのインドホシガメを迎え、一年半ほど育てた後に手放したことがありました。
数年後、その個体が立派な成体となっている姿をSNSで見掛けたのですが、最初は同一個体であることに気が付かないくらい美しくなっており、非常に驚きました。
飼育環境の良し悪しが甲羅の成長に現れることを改めて思い知らされた出来事です。





登録票

登録票が届きました。

インドホシガメ×5、モエギハコガメ×5です。

最初に確認用のfaxを送ってから2ヶ月強。
10頭という数もあってか、それなりの時間を要しました。

サイテス1の告知を見た当初は「面倒なことになったなぁ」という自分本位の感情でした。
しかし、実際に手続きを行なってみると、不慣れな飼い主を相手に大量の作業を強いられている自然環境研究センターの大変さにも気付かされました。
私自身も書類の不備でご迷惑をお掛けしましたが、担当して下さった方の丁寧かつ責任感ある対応に感謝しています。

とはいえ、やはり飼い主が登録に費やす手間は結構なものがあり、趣味の延長線上と位置付けるには負担が重すぎるような気がします。
特にホシガメのような沢山殖える種に対して「ある程度育てる」→「マイクロチップ挿入」→「登録手続き」という段取りを繰り返し続けるのは厳しいかと・・・
モエギハコガメくらいなら頑張れそうな気もしますが、その時が来るまでは考えるのをやめておこうと思います。



マイクロチップ

先日、マイクロチップの挿入をお願いしてきました。

ホシガメとモエギハコガメ、計10頭です。

なんとなく先延ばしにしていたのですが、登録していないことで繁殖にも消極的になってしまい、今年は交尾すらさせていませんでした。
もちろん、飼育するだけなら現状のままでも良いのでしょうが、繁殖や非常時のことを思うと登録票が欲しくなってしまいます。


ちなみに、これはセイロンホシガメの若個体たち

いわゆるインドホシガメ的な感覚では全てメスの体型ですが、一番左(手前)はオスです。
こんなオスがゴロゴロいるのを見た時は衝撃でした。



ホシガメにチップを挿れた話は珍しくないものの、モエギハコガメに関しては聞いたことがありません。
メンタル面への影響を心配していたのですが、

翌日から全頭が完食していました。



正直、なんらかの変化は生じるかなと思っていたのですが、今のところはホシガメ・モエギハコガメともに違和感なく過ごしているようです。

さて、次は登録の手続きです。
面倒な作業ではありますが、マイクロチップを挿れた以上は前に進むしかありません。




生後9ヶ月

セイロンホシガメの孵化から9ヶ月が経ちました。

現在の体重は145gです。

写真の通り、各甲板に隆起が見受けられます。
滑らかな甲羅に育つよう、思い当たる環境を実践したものの、一筋縄ではいかないことを再認識しました。
たまたまツルツルに育った経験があったりすると、逆に惑わされるんですよね。


さて、そんなことより・・・
情けないことに、今になってソフトシェルを発症させてしまいました。
個体に触れる機会が少ないことで気付くのが遅れてしまいましたが、それでも症状が現れて2週間は経っていないと思います。

一般的には紫外線やカルシウムの不足が原因とされる疾患ですので、キレイに育てることを考え過ぎて、本来必要なものが疎かになっていたのかもしれません。
ただ、先天的な要因であることも考えられますので、早く完治させて安心したいと思っています。
まずは育成環境の大幅な改善を行い、注意深い観察を続けなくてはなりません。


幸い、食欲は全く衰えておらず、飼い主の不安を拭うほどの食べっぷりです。

山盛りの野菜・野草を完食し、便の状態も良好なので、健康な個体にしか見えません。。。

過去にソフトシェルのナミビアヒョウモンガメを育てた経験がありますが、成長に伴って無理が生じてくる様子を見るのは飼い主としても辛いものでした。

次回は良い報告を書けるよう、お世話を頑張ります。