カテゴリー別アーカイブ: カメ以外の日記

想ひ出の水族館

東京タワー水族館が閉館の危機に瀕しているという記事を見ました。
古き良きものが次々と経営難になっていく中、非常に気掛かりなニュースです。

東京タワー水族館は、私が中高生の頃に通った思い出深い場所です。
もう今から30年も前の話ですが、熱帯魚に夢中だったミツオ少年にとって、まさに聖地でした。
当時は熱帯魚の直売所があったりして、あそこに行く前日などは楽しみで眠れなかったものです。

と言っても、一般的な水族館とはだいぶ異なりますので、ご存知ない方の為に東京タワー水族館の特色を記しておきます。
(あくまでも当時の、そして個人的な意見です)

・殺伐としている
・デートには不向き
・期待して行くと裏切られる
・女性からの支持率が低い
・あっという間に見終わってしまう
・初デートに使うと致命的
・入場料が強気
・デートに利用してはいけない
・引き取りらしき個体が多く、考えさせられる
・ほぼ淡水魚で海水魚は無に等しい
・熱帯の淡水魚の数では日本一かも
・マニア受けする大型魚が沢山いる
・成体サイズの迫力ある個体が多く、まさに天国
・ナマズ好きは絶対に行っとくべき
・好きな人には何時間でもいられる最高の場所

といったところでしょうか。
丸坊主のミツオ少年は何度も何度も見て回り、大人になったら特注水槽でビッグキャットを飼おうと夢見たものでした。

 

そんな場所がなくなってしまうかもしれないと知り、たまらなくなって行ってきました。お約束のショットですね。

 

入って早々、1m超えのジャウーが迎えてくれます。少々痩せ気味ですが、元気そうに泳いでました。

 

迫力の顔
成人男性の顔よりも大きいです。

 

大型水槽
ここのオキシドラスやコロソマは、私が中高生の頃からいるのでは???

 

ピラニア水槽肉食魚として有名だった当時はドキドキしたものです。

 

南米のアロワナたちよく稚魚を買って育てました。

 

アジアアロワナたちお店みたいな派手さはなくとも迫力はあります!

 

ガーパイクたくさん飼えなくなってしまう未来が来ようとは・・・

 

お馴染み、レッドテールキャット当時は沢山いましたが、現在は一匹だけでした。

 

ネオケラ昔も今も、憧れです。

 

ワニガメ1

 

ワニガメ2

 

スッポンモドキ

 

ジーベン

 

ニューギニアカブトガメ甲長30cm近くあります。カメラを向けたら寄ってきてくれました。

 

うーむ、超久々に行ったけど、とっても楽しかったです!
あの当時から30年なんて、時が経つのは早いなあ・・・
そりゃ、オッサンになるってもんです。
でも、いまは亀に夢中だから相変わらずですね(^_^;)

東京タワー水族館、もし閉館になったら寂しいな。
魚や亀の行き先も心配です。

 

 

おーい北海道

夏休みが取れたので、北海道へ行ってきました。飛行機は何回乗っても苦手です。。。

 

四十代半ばにして、初の北海道! ドラマ「北の国から」で育った世代としてはテンションが上がります。

 

基本的には食がメインの旅なんですが、どうしても行っておきたかったのがココ。展示の方法が独特らしく、とても楽しみにしていた場所です。

 

動物との距離の近さ、そして様々な角度から観察できる作りに感激でした。 なぜか、どの動物もサービス精神が旺盛で、観客を楽しませることに余念がありません。
どうやったらこんな風になるんでしょう。

 

各所に配置してある説明文が全て手書きなのも特徴的です。うーん、楷書で読み易い。
解読不能な私の筆記体とは雲泥の差があります。

 

所々に掲示してある喪中の案内もササります。 お客さんによっては見たくない部分かもですが、園のポリシーみたいなものが伝わってきました。
「伝えるのは、命」と記されたパンフレットが思い出されます。

 

もちろん入りました!ただし、今まで行った爬虫類館で最もショボかったです。。。
まあ、需要がないということなのでしょう。

 

一応、ここにも渾身の展示スタイルが・・・色んな意味でドキドキしますね。

旭山動物園、期待通りの場所でした!

 

そして、北海道といえば個人的に外せないのがココ円山動物園です。

 

旭山動物園を見てしまった後なので楽しさ半減かと思いましたが、いやいやなんのなんの、かなり素晴らしい動物園でした。 動物たちはみんなイキイキしてますし、非常に清潔感があります。
おそらく、徹底したメンテナンスを心掛けているのではないでしょうか。

 

言うまでもなく、大本命はココ!爬虫類館です。

普通の動物園では決して見ることの出来ないようなカメ・トカゲを満喫することができました!
もう、本当に言うことなしです。

 

身分不相応なホテルに泊まったり、新鮮で美味しい食事を頂いたり、束の間の非現実を楽しむことができました。

うーん、カメを買うのを控えれば全然贅沢できますね(^^)
今年はお迎えをセーブしているので、飼育にも集中できて良いことばかりです。

 

 

迷子のオカメインコを捜索中です!

カメ友さんが、迷子のオカメインコを探しています。
okame3
okame2
okame1
2/14に千葉県市川市にて迷子になってしまったようです。
見かけた方、心当たりのある方は御連絡をお願い致します。

詳細はこちらに書かれていますので、是非ご一読下さい!


見つかってくれますように・・・

ガジュマル

近所の100円ショップにガジュマルが売られていたので、大人買いしてみました。
20131121-03
一本一本は寂しいサイズですが、一つの鉢にまとめたら少し賑やかに・・・(笑)

最近、やたらと植物に癒しを感じるのですが、これは老化なのでしょうか?
・・・いや、単に疲れているだけだと思いたい。。。




メリー忘年会、参加者募集中です!

ファンクライブと40歳

40歳になった。
色んな意味で危なっかしい性格なので、無事に今日を迎えられたことに感謝している。

とはいえ、ダラダラと生きてきた延長線上に今日があったという気がしないでもないので、これからは毎日を大切に過ごしたいと思う。(30歳になった時にも同じことを思ったような・・・)

30代最後の日はファンクライブを観に行った。
別に狙って行ったわけではないが、心の師匠とも言える人がたまたま声を掛けてくれたのがきっかけだった。
ライブなんて何年ぶりだろう。。。
前回行ったのがいつだったか思い出せないくらい久々だった。
音楽が大好きで、ただ音楽に携わっていたいという一心で今の仕事についたのに、気がつけばプライベートでは全くと言っていいほど音楽を聴かない生活をしていた。

三軒茶屋の小さなライブハウスで、錚々たるメンバーが演奏していた。
小さなステージでただ音楽を奏でるというシンプルさなのに、物凄いエンターテイメントに心の底から興奮した。39歳にしてオシッコをチビるかと思った程だ。
なんか、30代最後の日に30代で一番ハジけたような気がしないでもない。

招待してくれた心の師匠とは知り合って20年近くになる。
人と約束が出来ない程に忙しく働きまくっていた当時の自分を思えば、いつのまにか随分くたびれたオッサンになったなぁ・・・(苦笑)

50歳の自分は何をしているのだろう???
たとえチビデブハゲメガネの四冠王になっていても、心だけは健全な人間であることを切に願う。



20131002-01