あと一歩?

先日、順調に思われたクロハラモエギハコガメの卵から卵黄が滲み出ていました。
持ち上げてみると、下側に大きな亀裂が発生しており、微かに腐敗臭が・・・
楽しみにしていた卵だけに残念です。。。

どのくらいまで成長していたのかを知りたくて割ってみると、なんとまだ生きていました。

しっかりと亀の形になっているのが確認できます。

でも、翌朝には息絶えていました。

小さいながらも口を開けて威嚇する姿が愛らしく、生かしてあげられなかったことが可哀想でなりません。

ちなみに、5月初旬の卵なので、本来なら8月の孵化でした。


モエギハコガメの有精卵を授かったのは一度や二度ではありません。
とても優秀な個体ばかりなのですが、飼い主がポンコツな為、なかなか孵化に辿り着くことができずにいます。