15ヶ月

まもなく生後15ヶ月となるセイロンホシガメ

甲長115mm,体重321g
前回はソフトシェルになってしまったことを書きましたが、飼育環境の改善によって回復しつつあります。


ただ、栄養価を高くしたことで甲羅のボコボコが凄いことに・・・

経験上、ソフトシェルの個体は滑らかな甲羅に育つケースが多いのですが、それどころか今までに無いくらい派手なボコつきっぷりです。

2週間ほど前に運動量重視の大きなケージへ移動し、餌も当初の粗食に戻しました。
今後どの程度の軌道修正ができるのか、私自身も興味深く見守っていきます。


余談ですが、、、
以前、かなりボコついたメスのインドホシガメを迎え、一年半ほど育てた後に手放したことがありました。
数年後、その個体が立派な成体となっている姿をSNSで見掛けたのですが、最初は同一個体であることに気が付かないくらい美しくなっており、非常に驚きました。
飼育環境の良し悪しが甲羅の成長に現れることを改めて思い知らされた出来事です。