カテゴリー別アーカイブ: カメ全般

新年のウダウダ

あけましておめでとうございます!

本当は年末に振り返りを書いておきたかったのですが、風邪でダウンしているうちに2019年が来てしまいました。
どちらにしても一年の節目なので、いま頭の中にあるものを記しておこうと思います。


1.飼育について

生まれたのが最近のことのように思える甥っ子も、今春から中学生になります。
この甥っ子、小さな頃から生き物が大好きなのに、自分では飼育しないスタイルを一貫してきました。
その理由は「生き物の死を見るのが辛いから」だそうです。
これを聞いた当時は「男の子なのに繊細だなあ」と残念な気持ちになったのですが、最近になって甥っ子の考えが理解できるようになりました。
まあ、私の場合は失敗し過ぎて懲りただけなのでしょうが、以前に比べて臆病になったのは間違いありません。

また、一昨年から飼育数を減らし始めたことで、個体の状態が良くなっているのを実感しました。
数が増えると基本的なお世話で手一杯になりがちですが、個々の状態を観察し、細かなケアができることに充実感を得られています。
正直、まだ今の数でも多いとは感じますが、あんまり減らし過ぎると新たな種を始めたくなる危険性がありますしね。。。
誘惑の多い趣味なので、自分に合った飼育スタイルを認識するのって意外に難しいんじゃないかと思います。

そんなわけで、2018年は例年に比べてお迎えが大幅に減りました。



2.背景について

毎年、なんらかの種が入手難となり、高値更新合戦が展開されています。
どう捉えるかは様々でしょうが、渦中の個体がCBであれば色々な意味での平和が保たれます。
その一方、ワイルドばかりが出回る種に対してCB化を目指すことの是非について、悶々と考えてしまうことがあります。

私自身「長期飼育および繁殖技術の確立」という建前のもと、誰に頼まれたわけでもないことに奮闘しています。
しかし、現実的には飼育技術の向上が野生個体の絶滅に歯止めをかけることにはならないでしょうし、国内では少子高齢化によって愛好家そのものが絶滅に向かうとすれば、ノウハウを残す意義すら薄いのかもしれません。

さらに、どれだけCBが流通しようが、やはりWCに惹かれてしまうのは私だけではないはずです。
インドホシガメの流通が減少し、国内外からのCB個体が今まで以上に注目を浴びる最中、それでもヨルダンからの入荷には胸が躍りました。
善し悪しはともかく、今後も需要さえあれば様々な生き物が流通され続けることでしょう。

近年はイベントの乱発などでメジャーになり過ぎたため、この世界のグレーな部分がマスキングされてしまった気がします。
時代と言われればそれまでですが、やはり本来はアンダーグラウンドな趣味であり、そこから出たことで歪みが生じているのかもしれません。



3.2019年について

なんだかネガティブなことばかりを書き連ねてしまいましたが、決してカメ熱が下がったわけではありません。

・周囲に流されず、自分のペースを維持する。
今まで通り、陰気で面倒臭くて飼育困難な種が好きなことに変わりはありません。
とにかく近道を避け、できるだけ失敗の少ない飼育を心掛けようと思います。

・ビルマホシガメが飼いたい
サイテス1に上がったタイミングで諦めていたのですが、なぜか最近になって飼いたい気持ちが強くなりました。
といっても、価格やスペースの問題で実現は難しいでしょうけど。
いちおう気持ちの記録として書きました。




4.新メンバー

前半に書いたことは何だったんだという話になりますが、2018年は12月になってからトントン拍子にお迎えをしてしまいましたので、その個体を載せておきます。

インドホシガメ

もはやピンポンサイズのホシガメを迎えることなどないだろうと思っていました。
ネットで入荷情報を見た時も他人事だったのですが、どうしてもスルーできない個体を発見してしまい・・・(^_^;)
派手な色と派手な多甲は育てるのが厄介そうですが、余裕のある今なら妥協のない環境が用意できると思い切りました。
お迎え時は24gでしたが、現在は36g。
期待以上の快食快便により、僅か一ヶ月足らずで1.5倍に増えました。
このまま何事もなく育ってくれると良いのですが、油断できないのがインドホシガメです。。。


クロハラモエギハコガメ(メス)

まだ迎えて一週間しか経ってません。
ずっと想いを寄せていた個体ですので、このお迎えは予定内と言って良いと思います。
見ての通りのシャイガールですが、一発目の給餌をなんなく完食したので大丈夫かと。
私が買うまで売れなかったことに感謝しています。



カンボジアモエギハコガメ(オス)

前述のクロハラと同時に迎えました。
かねてからカンボジアのオスを探していたので、これも予定内ということで。
この個体は警戒心をどこかに置いてきたようで、人を見ると寄ってきます。
まだまだ小さいので、大切に育てようと思います。

以上、なんの変哲も無いチョイスでした!(^_^;)




5.締めの言葉

昨今はSNSなどで簡潔にまとめる人が多い中、私のようにダラダラとしたブログを書くのは時代遅れなのかもしれません。
でも、当面は自分と向き合うスタイルを維持したいので、こんな状態を続けようと思っています。

末筆ながら、本年もよろしくお願い致します!



最近、こんな本を読みました。飼育という観点からではありませんが、動物の本質について深く掘り下げられており、個体の立ち上げや長期飼育の足掛かりを得られたような気がします。
特に、気難しい亀が好きな人には興味深い内容ばかりだと思いますので、気になる方は是非読んでみて下さい。

 
 

いい季節になりました。
気難しい亀達もイキイキとしています。ワイルド個体って外が好きですよね。
温度や湿度よりも大切なモノがあるのでしょうか。。。

 

 

大興奮

円山動物園の本田直也さん、爬虫類飼育者にとっては有名人ですよね。
御覧になられた方も多いとは思いますが、NHKにて放送されていた特集番組が面白かったので紹介しておきます。

目撃!にっぽん「滅びゆく命のバトン~札幌・円山動物園 本田直也~」

 
動物園のバックヤードからプライベートの様子まで、生き物の飼育・繁殖に捧げる情熱が伝わってきました。
なかでも、ヒラタヤマガメの繁殖に挑むシーンでは立派な個体が沢山登場して興奮が最高潮に!
ヒラタヤマガメやヒラセガメの交尾シーンがテレビで見られるなんて夢のようで、もうクラクラきちゃいました。。。

今からでもオンデマンドで観られるようですので、興味のある方は是非!

 

 

2017年を省みる

カメ飼育における2017年は、良いことよりも良くないことのほうが圧倒的に多い年でした。
ブログで紹介したもの以外にも沢山の悪いニュースがあり、もう本当に落ち込んでばかりの日々だったように思います。

こんな時に出来ることなんて限られていますが、苦境を大きな転機と捉え、かなり大胆に飼育種を減らす決断をしました。
正直、思い切り過ぎたことを後になって悔やんでいる部分もあるのですが、きっとこれで良かったのでしょう。
今までは色んな意味で外側にばかり気を取られていましたので、これからは内側に目を向け、ひっそりと探究していきたいと考えています。
 

負け惜しみのようですが、物事が上手く行かない時こそが成長期だと思いますので、今年は大きな前進を手に入れたと言えるのかもしれません。
2017年が飛躍のきっかけとなれるよう、気持ちを新たに頑張っていくつもりです。

 

締めの写真はこのお方!ナミビアヒョウモンガメのミツオくんです(^^)

 
 
本年はさんざんな内容ばかりのブログとなってしまいましたが、ご覧下さった皆様に心より御礼申し上げます。
それでは、良いお年をお迎え下さい!

 

 

2016年を省みる

2016年が残り数日となりました。
印象深い出来事を振り返り、今後の方針を整理しておこうと思います。
 
 
・新たな種を迎えた。
春から新たな種の飼育に挑戦した結果、それを生かすことに全神経を投じ続けるハメに・・・。
寝ても覚めても立ち上げのことで頭が一杯、既存個体の管理はおろか、仕事にさえも少なからず影響を及ぼしたと思います。
ちなみに、迎えてから半年以上が過ぎた現在も低空飛行が続いておりますので、ブログでのお披露目は当分できそうにありません。
本当に消耗の激しい一年となってしまいました。
 
 
 
・別れ①
マルギナータの五右衛門が4月に逝きました。
過去の記事にて成長不良の甲羅が内臓を圧迫している旨を書きましたが、その後も少しずつ悪化を続けていたようです。

診断を下されてからの三年間は労わりつつ接したものの、既に改善の手立ては無く、それでも愛くるしい五右衛門に申し訳ないとばかり感じていました。

考えてみれば、外見が明らかに歪なのだから、体の内側にも悪影響を及ぼしているのは当然のことです。
それまでの私は、甲羅がキレイに育っていなくとも健康ならばそれで良いと思っていたのですが、甲羅の内外は表裏一体であり、ナチュラルな甲羅の育成を促すことこそが健康に育てることに他ならないとの考えに改まりました。
飼い主に求められるのは愛情だけではないということ、これは五右衛門が遺してくれた教訓です。

オスの成体は袴を着ているようなフレアが魅力のマルギナータリクガメ。個人的に、ワイルド個体の格好良さは地中海リクガメ随一だと思っています。
近い将来、もう一度マルギナータのベビーを美しく育てることにトライしたいと考えています。
 
 
 
・別れ②
9月にナミビアヒョウモンのヌーが旅立ちました。
ナミビアヒョウモンガメの繁殖を最終目標に掲げている私にとって、唯一のメスを亡くしたことはカメ飼育の根底を揺るがす出来事でした。
この現実をどう受け止めるのか、いまだに結論は出ていませんが、最終的なサイズを考えると安易に増員できる種ではありませんので、しばらくは冷却期間を置くべきかと思われます。
正直、何匹でも飼いたい種ではありますが・・・。

先の五右衛門といいヌーといい、思い出が多い個体ほど思い入れも強く、いつまでもメソメソと引き摺ってしまいます。
同時に、リクガメは本当に素晴らしいペットだなあと強く感じる一年でもありました。
 
 
 
・インドホシガメ
運良く沢山の孵化仔に恵まれ、昨年に続いてとんぶり市への出店を果たすことが出来ました。
迎えて下さった方々からの反響が嬉しい反面、少し過大評価されてしまった感も否めません。
もっともっと自分自身を高めていかなくてはとの緊張感を抱いています。

市場の動きを見ると、インドホシガメを消費する時代は過去のものとなり、大切なペットとして渾身の一匹を迎える人が圧倒的に多くなったように思えます。
これは非常に良いことですので、私にも一石を投じることが出来るよう、今後は更に質を重視した孵化仔の育成に励んでいくつもりです。
当面は親個体の健康に重点を置きつつ、長期的な視野での底上げを図ろうと企んでおります。
 
 
 
・飼育種の縮小
2016年は飼育個体の見直しをする人がやたらと目立ったように思います。
その理由は様々でしょうが、自分の好みや飼育スタイルが確立されてきた人が多いということも一因ではないでしょうか。
かくいう私もアメハコからの撤退を始めとし、数種類のカメを手放しました。
それなりに遠回りをしましたが、なんとなく自己の方針が定まってきたように思えます。

亀のように長寿な生き物は、大きな括りで時間の流れを捉えているのでしょうから、長く付き合うことでしか得ることのできない知見が多々あるものと予想されます。
従って、厳選した個体にじっくりと向き合うスタイルは、多くの飼育者にとっての自然な着地点と言えるのかもしれません。
 
 
 
・繁殖計画
オプストヒラセガメ、カンボジアモエギハコガメ、トゲヤマガメの三種が、ようやく繁殖を目指せる状態になってきました。
どれも容易には叶わぬ種ばかりですが、だからこそ夢があって良いかなと思っています。
インドホシガメに関しては根本的な見直しから始めたいので、繁殖はボチボチというところでしょうか。
 
 
以上、あっという間のようで、やはり今年も色々な出来事がありました。
末筆ながら、関わって下さった皆様に心より御礼申し上げます。

それでは、良いお年をお迎え下さい!