カテゴリー別アーカイブ: ハコガメ/ヤマガメ

ペアになるのか・・・2017秋

先週末はぶりくらでしたね。
とんぶりは2009年の初回から欠かさず行ってるのですが、ぶりくらにはまだ一度も・・・

今年こそはと仲間達で運転を交代しながらの弾丸ツアーを考えたものの、季節の変わり目で飼育環境に手を入れたかった為に断念しました。

でも、やっぱり行きたかったな~
もう特に迎えたい種はいないのですが、数少ないブリーダーズイベントはワクワクします。
人気種はもちろん気になりますが、マイナー種を殖やしている方なんかを見ると心意気を感じたり・・・
自分の価値観だけで突き進む人こそが、真の趣味人と言えるのかもしれません!

 

さて、10月になり、ぼちぼち屋外飼育組の食欲が落ちてくる頃ですね。

ひと夏で一段と逞しくなったベトナムミナミイシガメこいつら、エサの時は遠慮がないくせに、いざカメラを向けると顔を出してくれません。
二匹とも顔のラインがめちゃくちゃ綺麗なのですが、最後まで撮らせてもらえませんでした。

ベトナムとして売られている個体でも顔のコントラストは様々ですから、いずれ美しさを紹介したいと思います(^^)

 

そして、肝心の雌雄は・・・左がオス、右がメスの予定なんですが、まだまだ分かりませんね。

 

腹甲の凹み具合は、それっぽい気がするんですけどねー

モエギなんかもそうですが、大きくなるまで性別が分かりづらい種はドキドキを長く味わえて楽しいです。

 

 

秋の雨

雨が降るとハコガメのテンションが上がります。最近は涼しい日が多くなってきた影響か、真夏に比べて活動的な種が多く見受けられます。

 

気温が下がると心配になる反面、暖め一辺倒の飼い方に疑問を抱くことも少なくありません。
上手に飼えるようになりたいなぁ・・・

 

 

 

トゲヤマガメと夏レプ2017

トゲヤマガメ、メス達の食事風景今回はカボチャと配合飼料がメインですが、何を出しても食べ尽くしてくれる心強い3匹です。

 

バナナの皮も大好きなので、中身を他の個体にあげた後に放り込んでいます。(農薬には要注意)

ムシャムシャ

 

ん?

 

無視無視逞しいオスとは異なり、穏やかで可愛らしい表情がメスの特徴かと。
本当に魅力たっぷりの亀だと思います。

ただ、繁殖はやたら難しそうですね。
分布域が広く、順応性の高い種という面からは想像し難いのですが、何かしら隠された秘密があるのかもしれません。

 

 

さて、土曜日は夏レプに行ってきました。
迎えるつもりが無いとはいえ、やっぱりホシガメは気になってしまいます。
買わないくせに思わず手を伸ばしてしまうという、とっても迷惑な人となってました(^_^;)
もちろん他にも魅力を感じる種は沢山いましたが、良くも悪くも冷静に見ることができたかなと思います。

 
今年は自身にとって辛いこと続きですので、お友達の皆さんに話を聞いてもらえたことが一番の収穫だったと感じています。
でも、ちょっと緊張していたせいか、いつも以上に饒舌になってしまったような気が・・・(^_^;)

交流して下さった皆様、お陰様で思い出深い一日となりました。
どうもありがとうございます!

 

 

のどかな夏

卵黄が沈んでいたオプストヒラセガメの卵ですが、3日経っても発生せず、
「やっぱりダメだよな・・・」と落胆しつつも納得。。。

 

ところが、5日目になって白濁が始まりました。嬉しい反面、思ったよりスローな進行具合が不安でもあります(^_^;)
まあ、そう簡単に孵せる種ではありませんので、あまり気負わずに見守るのが良さそうですね。

 

現在、我が家の有精卵はこの一つだけです。
それだけに、産んでくれた親個体には今までにないありがたみを感じており、今日も蚊と格闘しつつ大量のドバミミズを採ってきてあげました。

カメと戯れつつ、のどかな夏を過ごしております(^^)

 

 

少しだけ期待

前回、抱卵しているのではと書いたオプストヒラセが産みました。とりあえずは一個ですが、まだ数個は持っているんじゃないかと思います。

検卵してみると、なんと卵黄が沈んでいます。
交尾の成功を確認できたのは最近なので、昨年の同居時に成立していたのかもしれません。

発生するといいなあ・・・