カテゴリー別アーカイブ: ハコガメ/ヤマガメ

のどかな夏

卵黄が沈んでいたオプストヒラセガメの卵ですが、3日経っても発生せず、
「やっぱりダメだよな・・・」と落胆しつつも納得。。。

 

ところが、5日目になって白濁が始まりました。嬉しい反面、思ったよりスローな進行具合が不安でもあります(^_^;)
まあ、そう簡単に孵せる種ではありませんので、あまり気負わずに見守るのが良さそうですね。

 

現在、我が家の有精卵はこの一つだけです。
それだけに、産んでくれた親個体には今までにないありがたみを感じており、今日も蚊と格闘しつつ大量のドバミミズを採ってきてあげました。

カメと戯れつつ、のどかな夏を過ごしております(^^)

 

 

少しだけ期待

前回、抱卵しているのではと書いたオプストヒラセが産みました。とりあえずは一個ですが、まだ数個は持っているんじゃないかと思います。

検卵してみると、なんと卵黄が沈んでいます。
交尾の成功を確認できたのは最近なので、昨年の同居時に成立していたのかもしれません。

発生するといいなあ・・・

 

 

外飼いの亀達

人間には厳しい暑さが続いてますが、外飼いの亀達はイキイキと過ごしています。

オプストヒラセのメス
2014年の夏に迎えた個体です。
当時はフルアダルトだと思っていたのですが、昨年あたりから成長線が出てきました(^_^;)
ようやくオスが成熟したようで、今年から交尾が成立しています。

 

撮影が終わると帰って行きました。抱卵しているのではないかと思うのですが、ここで産卵されても見つけられませんね。
まあ、今年は無精卵でしょうから個体の居心地を優先で・・・

 

 

クロハラモエギのオスをリクガメスペースに放つと、、、ナイスバディなヒョウモンガメを発見!

懸命に盛ってました。。。
モエギヒョウモンガメの誕生に期待が高まります。

 

 

こちらはお友達から譲り受けたクロハラモエギのオス2号ようやく屋外に慣れてきました。

 

真っ黄色な顔がとても美しい個体です。人との距離感が変化していく様に、モエギ特有の賢さを感じます。

 

 

今の悩みは、トゲヤマガメの屋外スペースが用意できていないこと。
5匹とも状態は抜群なので、外飼いでどう変わるのか、是非とも観察してみたいのです。

リクガメの数が減ったので屋外スペースのレイアウトを見直そうかと考えているのですが、なかなか重い腰が上がりません(^_^;)

 

 

 

びっくり

先日、無事に2つ目の卵を産み落として一件落着のクロハラモエギハコガメ。
すぐに食欲が復活したので、昨日から屋外のモエギチームと合流させました。

 

ところが、今朝様子を見に行くと・・・まさかの3つ目を産んでました(^_^;)

 

どちらかというと小柄な個体だと思うのですか、1クラッチで3つも産むとは完全に予想外です。

 

さすがにもう持ってないよね?ニヤリ

 

 

 

Y氏の大予言

昨日、クロハラモエギの卵が割れていたことを書きましたが、実はモエギ繁殖の巨匠であるY氏に半泣きで電話をしていました。

私が状況を説明すると、「きっと明日の同時刻に2つ目を産むだろう」とY氏。

 

たしかに母体に対して小さめな卵だとは思っていましたが、、、

 

なんと指摘通り、今朝2つ目を産んでいました。水入れの中での産み落としでしたが、割れてはいません。
恐るべし、Y氏の予言!

でも、無精卵ぽいかな・・・(^_^;)

 

割らずにいてくれてありがとう!ニヤリ