2016年を省みる

2016年が残り数日となりました。
印象深い出来事を振り返り、今後の方針を整理しておこうと思います。
 
 
・新たな種を迎えた。
春から新たな種の飼育に挑戦した結果、それを生かすことに全神経を投じ続けるハメに・・・。
寝ても覚めても立ち上げのことで頭が一杯、既存個体の管理はおろか、仕事にさえも少なからず影響を及ぼしたと思います。
ちなみに、迎えてから半年以上が過ぎた現在も低空飛行が続いておりますので、ブログでのお披露目は当分できそうにありません。
本当に消耗の激しい一年となってしまいました。
 
 
 
・別れ①
マルギナータの五右衛門が4月に逝きました。
過去の記事にて成長不良の甲羅が内臓を圧迫している旨を書きましたが、その後も少しずつ悪化を続けていたようです。

診断を下されてからの三年間は労わりつつ接したものの、既に改善の手立ては無く、それでも愛くるしい五右衛門に申し訳ないとばかり感じていました。

考えてみれば、外見が明らかに歪なのだから、体の内側にも悪影響を及ぼしているのは当然のことです。
それまでの私は、甲羅がキレイに育っていなくとも健康ならばそれで良いと思っていたのですが、甲羅の内外は表裏一体であり、ナチュラルな甲羅の育成を促すことこそが健康に育てることに他ならないとの考えに改まりました。
飼い主に求められるのは愛情だけではないということ、これは五右衛門が遺してくれた教訓です。

オスの成体は袴を着ているようなフレアが魅力のマルギナータリクガメ。個人的に、ワイルド個体の格好良さは地中海リクガメ随一だと思っています。
近い将来、もう一度マルギナータのベビーを美しく育てることにトライしたいと考えています。
 
 
 
・別れ②
9月にナミビアヒョウモンのヌーが旅立ちました。
ナミビアヒョウモンガメの繁殖を最終目標に掲げている私にとって、唯一のメスを亡くしたことはカメ飼育の根底を揺るがす出来事でした。
この現実をどう受け止めるのか、いまだに結論は出ていませんが、最終的なサイズを考えると安易に増員できる種ではありませんので、しばらくは冷却期間を置くべきかと思われます。
正直、何匹でも飼いたい種ではありますが・・・。

先の五右衛門といいヌーといい、思い出が多い個体ほど思い入れも強く、いつまでもメソメソと引き摺ってしまいます。
同時に、リクガメは本当に素晴らしいペットだなあと強く感じる一年でもありました。
 
 
 
・インドホシガメ
運良く沢山の孵化仔に恵まれ、昨年に続いてとんぶり市への出店を果たすことが出来ました。
迎えて下さった方々からの反響が嬉しい反面、少し過大評価されてしまった感も否めません。
もっともっと自分自身を高めていかなくてはとの緊張感を抱いています。

市場の動きを見ると、インドホシガメを消費する時代は過去のものとなり、大切なペットとして渾身の一匹を迎える人が圧倒的に多くなったように思えます。
これは非常に良いことですので、私にも一石を投じることが出来るよう、今後は更に質を重視した孵化仔の育成に励んでいくつもりです。
当面は親個体の健康に重点を置きつつ、長期的な視野での底上げを図ろうと企んでおります。
 
 
 
・飼育種の縮小
2016年は飼育個体の見直しをする人がやたらと目立ったように思います。
その理由は様々でしょうが、自分の好みや飼育スタイルが確立されてきた人が多いということも一因ではないでしょうか。
かくいう私もアメハコからの撤退を始めとし、数種類のカメを手放しました。
それなりに遠回りをしましたが、なんとなく自己の方針が定まってきたように思えます。

亀のように長寿な生き物は、大きな括りで時間の流れを捉えているのでしょうから、長く付き合うことでしか得ることのできない知見が多々あるものと予想されます。
従って、厳選した個体にじっくりと向き合うスタイルは、多くの飼育者にとっての自然な着地点と言えるのかもしれません。
 
 
 
・繁殖計画
オプストヒラセガメ、カンボジアモエギハコガメ、トゲヤマガメの三種が、ようやく繁殖を目指せる状態になってきました。
どれも容易には叶わぬ種ばかりですが、だからこそ夢があって良いかなと思っています。
インドホシガメに関しては根本的な見直しから始めたいので、繁殖はボチボチというところでしょうか。
 
 
以上、あっという間のようで、やはり今年も色々な出来事がありました。
末筆ながら、関わって下さった皆様に心より御礼申し上げます。

それでは、良いお年をお迎え下さい!
 
 
 


2016年を省みる」への12件のフィードバック

  1. わきんなますた~

    おはようございます(^^♪

    1年はあっという間…と思いつつ、ミツオさんの振り返りを拝見して
    僕もいろいろなことがあったなぁとしばし感慨にふけってしまいました

    新たな種というのは正直気になり続けております…
    お別れは生き物との付き合いでは避けてとおれない悲しいことですが
    ミツオさんのもとに彼らと培った糧は財産ですよね
    新しい命もワラワラ誕生していますし命が継がれていきますね
    インドホシガメの繁殖と育成については是非お目にかかったとき
    お話しを伺いたいとムシのいいことを考えていませんでしたが
    今年はお目にかかれず残念でした
    考えてみれば昨年のHBMでしたね(;^ω^)済みませんm(__)m
    すごい種の繁殖計画!楽しみですね!

    本年中も大変お世話になりました
    どうぞ来年も宜しくお願いします!
    よいお年を!

    返信
    1. ミツオ 投稿作成者

      >わきんなますた〜さん

      歳を重ねるごとに一年が短く感じますが、よくよく思い返すと色んな事がありますよね。
      きっと少しずつ忘れ去られて行くので、せめて年末に書き連ねておけば先々にも読み返すことが出来て良いかと思っております^ ^

      今年も御丁寧にコメントをして下さり、誠にありがとうございました。
      どんな内容でも躊躇せずに書き込んで下さる優しさに感謝しております。

      理屈っぽい割に中身のないブログではございますが、来年もよろしくお願い致します!

      返信
  2. BONZO

    新たな種、気になりますね~。
    ミツオさんの好み、そして生かすことさえ難しい種ということを考えると、
    おのずと絞られてくると思いますが(笑)

    思えば今年の冬レプで初めて声をかけていただき、以降数回にわたりお目にかかることができ、
    今ではミツオさんとお会いするのがイベントの楽しみのひとつとなっております。
    いろいろとお世話になりました。
    良いお年を!

    返信
    1. ミツオ 投稿作成者

      >BONZOさん

      性懲りもなく迎えておりますが、行かねばならぬチャンスだったのです。。。
      まあ、こんなに苦労するとは思ってませんでしたが・・・(^_^;)

      今年はBONZOさんとお近づきになれて本当に嬉しいです!
      あまり共通の亀がいないのに話が盛り上がるのはBONZOさんのお人柄でしょうか?
      今度は是非お酒の席もご一緒させて下さい。

      それでは、来年もよろしくお願い致します。
      良いお年をお迎え下さい!

      返信
  3. かもめパン

    早いもので今年もあと数日ですね~。
    今年はさっぱりだったので、来年こそは繁殖話に参加できるように頑張ります!
    あと、イベントとかにも行きたいと思ってますので、またお相手してください。
    それでは、よいお年を!

    返信
    1. ミツオ 投稿作成者

      >かもめパンさん

      本当に早いですよね。ついこの前2016年になったと思ったら・・・(^_^;)

      今年も仲良くして下さってありがとうございました。
      無知な私にとって、かもめパンさんの存在は非常に心強いです。

      ぜひ、来年はイベントもご一緒しましょう。
      それでは、良いお年をお迎え下さい!

      返信
  4. アンビの爺

    おはようございます。
    今年も一年、ミツオさんのブログ楽しませて頂きました。
    来年も貴重な情報開示宜しくお願い致します。

    私個人は今年は新たな個体のお迎えはありませんでした。
    来年はミツオさんが手放したアメハコに非情に興味があり迎えそうです・・・・・・・

    来年もどこかのイベントでお会いできると良いですね!
    良いお年を!

    返信
    1. ミツオ 投稿作成者

      >アンビの爺さん

      いえいえ、面白味のないブログで恐縮ですが、読んで下さっている方がいると思うと励みになります。^_^

      お、アメハコをお迎えに?
      ペットタートルとして求められる要素が凝縮されたような種ですから、とても魅力的ですよね。

      来年もお会いできますのを楽しみにしております。
      それでは、良いお年をお迎え下さい!

      返信
  5. キッセイドウ

    この一年、本当にお世話になりました!また来年もカメを楽しみましょう。そして傷を舐めあいましょう。
    またリクガメについて色々教えて下さいませ(^_^)来年もよろしくお願いします(^_^)

    返信
    1. ミツオ 投稿作成者

      >キッセイドウさん

      こちらこそ、遊んでくれてありがとうございました。
      辛い時は皆で激励しあって乗り越えていきましょう^_^
      キッセイドウさんの新体制、とても楽しみにしています!

      来年もカメライフを頑張りますので、引き続きよろしくお願い致します。
      それでは、良いお年を!

      返信
  6. 浪漫人

    一年早いものですね。自分も出逢いと別れを繰り返し今に至ります。以前は流行りや希少性に踊らされアレコレ手を出したものですが…ふと気付くと何時も『何がしたいのか……』自分らしさが見えませんでした。本質も分からぬまま世間の騒ぐ高額なモノへの所有感や満足感も今となってはどうでもいい思い出になってます(笑)悲しい別れは辛いですがそれも大切なイベントでもありますからね。来年も引き続き宜しくお願いします。

    返信
    1. ミツオ 投稿作成者

      >浪漫人さん

      本当に早いですよね。
      なんの成長もできないままに歳ばかり重ねているような気がします(^_^;)

      この趣味、色んな種の魅力に惹かれてしまうのは仕方のないことなのかもしれませんね。
      人それぞれの楽しみ方ということで・・・^_^

      来年は浪漫人さんのブログに期待しています!(笑)
      それでは、良いお年をお迎え下さい。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA